So-net無料ブログ作成
羊毛フェルトの小鳥 ブログトップ
前の10件 | -

iichi(イイチ)クリスマスキャンペーン2016開催中です [羊毛フェルトの小鳥]

20161205iici-christmas.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。

現在、オーダーでお受けしている小鳥たちを作っていて
【iichi(イイチ)】に出品している分は小鳥そのものよりも
小物が多くて心苦しいのですが
ただいまクリスマスキャンペーンを実施しております。

クリスマスの2016年12月25日(日曜日)まで
一回だけ利用できる10%割引クーポンをご利用いただけます。
お買い物券コード :XMAS2016
上記のクーポン番号を作品購入時の決済画面で、入力してご利用ください。
※期間中にご注文いただいたお取引が対象です。
※上記の期間中に1回のみご利用いただけます。
※複数のショップの作品を同時にはご注文いただけません。

iichiのキャンペーンとお買物券コード掲載ページ
詳しいお買い物券コードの使い方はこちらをクリックしてご覧になれます。

【森のことりiichiショップページ】はこちらからおこしください。

12月25日いっぱいまで作品を更新してまいりますので、
この機会にお得にお迎えいただけると嬉しいです。
小鳥の好きなかたへのプレゼントにぜひ、ご利用していただければと思います。


羊毛フェルトの小鳥と木の幹に見える「こうぞ紙」のおうち [羊毛フェルトの小鳥]

2016-4-13-編集済 (4).jpg

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
お知らせが「羊毛フェルト・小鳥がいるよ」のアメブロだけになっていて申し訳ございませんでした。
この記事は2016年4月13日アメブロ更新のバックアップ記事です。

羊毛フェルトのお知らせはameba blog「羊毛フェルト・小鳥がいるよ」を先に更新しております。
いちはやくお知りになりたい場合はアメブロのブックマークをお勧めいたします。

追加の作品をもたもたと作っているうちに
Gallery KOMPISのweb shopが今までよりもさらに使いやすく改良されました。
ひとつひとつをその場でお買い物いただけるようになりました。
説明書きをご覧になっていただいて御不明な点はギャラリーにお問い合わせいただく形で
しばらくは対応してくださるそうです。

二点納品していた三角形のフレームがありがたいことに
両方とも通信販売で巣立っていくおうちが決まりました。

2016-4-13-編集済 (2).jpg

小鳥の住むおうちといえば巣箱や巣なので今回はハトメを使って掛けて飾れたり
カードで郵送できるように作っています。

今回、巣箱として使っている紙は京都市の寺町通りに密集している和紙の専門店で
偶然見つけたものです。
こうぞを裏から別の紙ではりつけてあって紙でありながら木の幹に見えます。
一枚の大きさは新聞紙の一面よりひとまわり大きいものなので
ハガキの大きさや巣箱の大きさに針金も切れるようなハサミでひとつずつ切り取っています。

最初はハトメがうまく紙に固定できなかったり、裏表が反対だったり
こうぞ紙が厚いので事務用のパンチでははさんで穴があけられなかったりと
ボツに次ぐボツでした。

2016-4-13-編集済 (1).jpg

いま、そんなところで大丈夫なのかというぐらいハトメの位置を変更したり
巣穴に使う生地を切り抜いてから色が気に入らなかったり変更につぐ変更です。
すぐ上の写真は、今回は全部見送りにしたハトメの位置が端にあるタイプです。

2016-4-13-編集済 (3).jpg

追加する作品を今、作っています。
定番の巣に入ったヒナのセットと新作では木の幹に見えるこうぞ紙を使って巣箱のカードに
仕立て、小鳥の羊毛フェルト刺しゅうで飾る予定です。
掛けて飾れたり、カードとして送れるように仕上げるつもりです。
2016年4月19日現在作品はギャラリーに展示されております。

ちいさな企画展「おうち大好き きみの家はどれ?」■
2016年4月1日(火曜日)から4月24日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*休廊日毎週月曜日
*最終日4月24日(日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
 森のことりのギャラリーwebショップページはこちらから御覧くださいませ。
通信販売ご購入の方法と手順の説明はこちらをご覧くださいませ。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。 Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分




羊毛フェルトの小鳥 桜すずめ [羊毛フェルトの小鳥]

2016-3-22 (3).jpg

おはようございます。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
3週間近く開催されておりますGallery KOMPISでの東日本大震災復興チャリティも
残すところ27日まであと6日間となりました。
今日は濃い八重桜にとまる桜すずめを御紹介させてくださいね。

2016-3-22 (4).jpg

羊毛フェルトで作ったスズメを濃い八重桜のアーティフィシャルフラワーに
とまらせてみました。
桜の枝が細くて柔らかいためテグスで両側を固定するのは難しかったので
ふだんよりもスズメの指を長めに作って枝をしっかり握っている仕様にしました。

いつも使っているドイツ製の子供のおもちゃにも使われる安全なニスを木材に何度も塗り重ねて
裏側は壁に掛けられるパネルタイプに仕上げています。

2016-3-22 (2).jpg

枝にとまらせたスズメをこのまま平らな場所に置くと、桜の花がつぶれてしまうので
葉と枝にボンドを貼ってボードに固定しています。

2016-3-22 (1).jpg

今年は開花から寒い日が多いので長く桜が楽しめるそうです。
ぜひ、KOMPISの小さな桜にとまる小鳥たちにも
お時間の御都合がつきましたら会いにいらしてくださいね。

charity art exhibition 2016 ~あの日を忘れない~東北大震災復興チャリティ企画展~■
2016年3月8日(火曜日)から3月27日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*休廊日毎週月曜日
*最終日3月27日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
気になる作品がございましたらこちらをクリックしてくださると森のことりのギャラリーお問い合わせページへ直接ご訪問いただけます
* 通信販売ご購入の方法と手順の説明はこちらをご覧くださいませ。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。 Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分


羊毛フェルトのスズメのヒナ 秋色アジサイのリース [羊毛フェルトの小鳥]

2016-3-18 (3).JPG

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
3月27日まで月曜日の休廊日を除いて残すところあと8日になった
東日本大震災復興チャリティ企画展。
3連休の初日はいかがお過ごしでしょうか。
カレンダーの休日は関係なくお仕事や家事に就かれているかたには毎日お疲れ様です。
今週は外出が多くて、体が鉛のようでブログが更新できていなかったので
今日から、また更新を続けていこうと思います。
今日は、シャビーシックな秋色アジサイのリースにとまる
スズメのヒナを御紹介させてください。

2016-3-18 (2).JPG

作家さんから購入したハンドメイドの秋色アジサイのリースは
アーティフィシャルフラワー(造花)です。
葉の色が時が経ったようにグレーがかっていて、同じものがみつかれば
私も自分用に買って作ってみたいぐらいひとことで何色とは言えない奥行きがある
配色のリースです。

2016-3-18.jpg

このボリュームのあるリースに小さなスズメのひなが埋もれてしまわないようにするためには
また、この方法を使います。
4本の指のほかに枝に差し込む用のワイヤーを指を作るときにいっしょに作って
枝に各足に1本ずつ、合計4か所に木工用ボンドで貼り付けてあります。
枝の両側にも穴をあけてそこへリースにくくりつけるための
フラワー用のグリーンのワイヤーをねじってとめています。
フラワー用のワイヤーは大きな手芸店で手に入ります。
いろんな太さがあるのでリースの土台の硬さにあったものを選んでいます。

2016-3-18 (4).JPG

後ろから見ると、こんな感じです。
ワイヤーでリースにくくりつけている部分は、葉に隠れて見えなくなります。

2018-3-18-編集.jpg

羊毛を始めたころに作ったヒナたちのクチバシだけを作り直した作品です。
鳴いていたり歌っているように作るには樹脂粘土でクチバシを作るほうが
作りやすいのですが
ほほえんでいるように作るには羊毛フェルトでクチバシを作ると優しい雰囲気に仕上がります。

本日と明日の週末だけの限定企画で保存料などの添加物を使用していない製造日を含めて
賞味期限が三日の黒米ドーナツが入荷するそうです。
沖縄のサーターアンダギーに似ている優しい甘さのドーナツです。
お時間がございましたら、週末のKOMPISへほっこりしにいらしてくださいね。

charity art exhibition 2016 ~あの日を忘れない~東北大震災復興チャリティ企画展~■
2016年3月8日(火曜日)から3月27日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*休廊日3月14日・21日(月曜日)
*最終日3月27日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
気になる作品がございましたらこちらをクリックしてくださると森のことりのギャラリーお問い合わせページへ直接ご訪問いただけます
* 通信販売ご購入の方法と手順の説明はこちらをご覧くださいませ。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。 Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分



羊毛フェルトの小鳥 桜メジロ [羊毛フェルトの小鳥]

2016-3-16-2.jpg

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
今日は野鳥写真愛好家の間で桜に来るメジロのことを
親しみを込めて呼ぶ「桜メジロ」を御紹介させてください。
淡い色の八重桜が一番きれいに見えるように撮ろうとしたら
あとから見ると全部左側から撮った写真しか撮っていませんでした。

2016-3-16-3.jpg

桜の枝は割とやわらかい素材でできているため目打ちでメジロを支えるための
ワイヤーを差し込む穴を二か所あけて、ボンドで固定しています。
前指3本と後ろ指1本で枝をはさんでとまっています。
額に留めつける、額に吊って浮かせる、枝をテグスでブランコタイプにして吊るすなど
飾り方を考えた結果、気軽に桜の季節に楽しんでいただきたい想いから
ブランコタイプに仕上げました。
テグスの長さを調節して一番飾る場所に適した長さを見つけてくださいね。

2016-3-16-1.jpg

小鳥の正面顔は変顔と言われがちですが、
キョトンとしていて、あどけなくてかわいいなぁと思う一面でもあります。
唯一正面顔の写真が残っていたのでスマホのアプリで明るくしてみました。

蜜を吸いにやってくるメジロは、つがいで行動していることが多いです。
餌の少なくなる冬にみかんを置いておくと食べに来る時も
一羽ずつ天敵がいないか見張りながら食べている様子が見られることもあります。
今回はこの色の八重桜のアーティフィシャルフラワーが短いタイプしか手持ちがなかったので
1羽タイプですが、長い枝の桜には2羽、3羽と
自然に近いかたちの吊るすタイプも作ってみたくなりました。

charity art exhibition 2016 ~あの日を忘れない~東北大震災復興チャリティ企画展~■
2016年3月8日(火曜日)から3月27日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*休廊日3月14日・21日(月曜日)
*最終日3月27日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
気になる作品がございましたらこちらをクリックしてくださると森のことりのギャラリーお問い合わせページへ直接ご訪問いただけます
* 通信販売ご購入の方法と手順の説明はこちらをご覧くださいませ。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。 Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分




羊毛フェルトの小鳥たち、切り株にとまる。 [羊毛フェルトの小鳥]

2016-2-19 (2).JPG

おはようございます。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
週末の朝はいかがお過ごしでしょうか。
動物goods展は残すところ本日と明日2月21日(日曜日)の17時まで残すところ
あと二日となりました。
今日は切り株にとまった小鳥を御紹介させてください。

2016-2-20 (2).JPG
▲秋冬バージョンの切り株
クリスマスの企画展ではリバティと厚手のフェルトのティーマットをセットに
できるように販売しておりましたが、今回は決まったスペースをお借りしていないので
切り株だけ出展しています。
切り株は羊毛フェルト100%です。
木の模様はクリスマスのころは黒や茶色など濃い色を多色使いしていました。

2016-2-19 (1).JPG
▲春夏バージョンの切り株
寒くても春に向かっている時期なので、少し暖かく見える色を混色しています。
こちらも5色ぐらいの羊毛を使用しています。

2016-2-19 (5).jpg

新しく作った小鳥はウグイスとルリビタキになります。

「梅にウグイス」という言葉は梅が咲く時期に花の蜜を吸いに来るメジロと混同したもので
藪の中で虫を食べるウグイスが梅に来ることはまれだそうです。
実際のウグイスの色は黒や茶色が混ざったような緑色をしています。
「ウグイス」とGoogleで画像検索しても「メジロ」の画像がいっぱいでてきます。
それほど実際のウグイスの姿や色はあんまり知られていないのかもしれません。

ルリビタキはオスとメスとでは色が全く違う鳥です、
綺麗な青色をしているのはオスのほうで冬になると本州中部以南で越冬するそうです。
ルリビタキの新しいおうちはご連絡をいただいておりますので
春物はウグイス1点となりました。

クリスマス展、今回の動物goods展、オーダーを受けた切り株のシジュウカラと
作り重ねていくたびに少しずつ改良しております。
そのため、万が一修理が必要な場合はコメント欄かお問い合わせ欄からご連絡いただければ
対応いたしますのでお気軽に御相談いただきますようよろしくお願いいたします。

動物goods大集合!!! and 春のおでかけ展~■
2016年2月2日(火曜日)から2月21日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*最終日2月21日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
Gallery KOMPIS直通/森のことり出展作品専用お問い合わせページはこちらです。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。
Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分




新しいおうちへ巣立った小鳥たち [羊毛フェルトの小鳥]

2016-2-16-0.jpg

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
昨日、新しいおうちに到着した小鳥たちの御紹介させていただきます。

クリスマスの企画展で切り株にとまっている小鳥たちを発表しましたが
その中に作っていなかったシジュウカラのオーダーをいただきました。
写真の左側はボンドまみれになってボツ作品のヤマガラ、
右側が新しく作ったシジュウカラです。

2016-2-16-1.JPG

クリスマスの取り外し可能なプレートのついたリースは
企画展ではフェイクグリーンを使っていましたが
戻ってきた作品には、プリザーブドグリーンのマウンテンジュニパーを付け直しました。
紫外線やエアコンの風には弱いですが、飾ってあると深い緑色と
濃いグレーの小さな実がついているので、ナチュラルなインテリアに
森の香りを運んでくれそうな仕上がりにできたと思っています。

Gallery KOMPISのショップカートの使い方をお客様から詳しく教わったので早く更新したいのですが
もうしばらくお待ちいただきたいと思います。
羊毛フェルトの記事に関しましては、こちらはバックアップ用に書いております。
情報はアメブロの「羊毛フェルト・小鳥がいるよ」のほうがアメーバがメンテナンスで更新できない場合以外は先に更新しております。
こちらのブログの更新がいつもあとになって申し訳ありません。
最新の情報をお知りになりたい時は上記リンク先のアメブロの「羊毛フェルト・小鳥がいるよ」に
お越しいただければ確実でございます。

2016-2-16.jpg

バックアップということでほぼ同じ内容のブログにブログ村のランキング参加のバナーを
こちらにも貼り付けることは規約違反になるということなので
バナーを貼り付けてなかったのですが
なんと参加カテゴリーを変えて昨日、おかげさまでランキング1位をいただきました。
大変ありがとうございます。
これからも、訪れたかたが和めたり、発見のある楽しいブログを書いていこうと、
羊毛フェルトはもちろん、写真や記事にも心をくだいてまいります。

動物goods大集合!!! and 春のおでかけ展~■
2016年2月2日(火曜日)から2月21日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*最終日2月21日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
Gallery KOMPIS直通/森のことり出展作品専用お問い合わせページはこちらです。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。
Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分




羊毛フェルトの小鳥 巣に入ったヒナのセット【コマドリ】 [羊毛フェルトの小鳥]

2016-2-12 (9).JPG

おはようございます。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
記事が下書きに保存されたまま公開されておりませんでした(>人<;)
公開が今になって申し訳ありませんm(__)m

少し前のことですが、【iichi(イイチ)】でコマドリのお人形をプレゼント用に
お迎えしてくださったお客様が、森のことりへの評価の箇所に
新潟出身の詩人で21歳の若さで亡くなった
矢沢宰(おさむ)さんの【あなたの手は】という詩を書いてくださいました。

「あなたの手は」
あなたの手は
握りしめるとあたたかくなる手だ
あなたの手は
あたためるとひよこが生まれる手だ

2016-2-12 (8).JPG

私がそんなあたたかい手をしているのか疑問で
自分では本当に「家事をする手」にしか見えません。
ですが、あたたかい手で作りたいと思ったのが【ヨーロッパコマドリ】でした。

2016-2-12 (7).JPG

このお客様が大好きなフランス映画の「WATARIDORI(渡り鳥)」の冒頭に出てくる
コマドリが愛らしく何度も繰り返して観てしまうとメッセージいただきました。
私も観てみたいと返信すると数日後には返信用のスマートレターを同封して
御自身のDVDを貸してくださったのです。

2016-2-12 (6).JPG

写真では写真サイトのPinterest(ピンタレスト)でたくさん保存していましたが
映像で動くコマドリとそのヒナたちを見たのは生まれて初めてでした。
あまりにもその姿が可愛かったので、ついつい勢いで作ったヨーロッパコマドリが
この作品です。
巣に入っているため足はひっかかりやすので作っていませんが
これから、もっと作ってみたい小鳥の中のひとつになりました。

動物goods大集合!!! and 春のおでかけ展~■
2016年2月2日(火曜日)から2月21日(日曜日)まで
*毎日12:00~18:00オープン
*休廊日は2月8日・15日(月曜日)
*最終日2月21日(日曜日)は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
Gallery KOMPIS直通/森のことり出展作品専用お問い合わせページはこちらです。
*Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらから御覧いただけます。
Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分



羊毛フェルトの小鳥 すずめ【桜の無垢材】 [羊毛フェルトの小鳥]

2015-12-12 すずめ (4).JPG

おはようございます。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
Gallery KOMPISでの【GOD JUL!! JUL FEST 2015~KOMPISのクリスマス~】。
10番目の最後にご紹介させていただくのは桜の無垢材にすずめが巣で
雪をやむのを待つ作品です。

2015-12-12 すずめ (2).JPG

影を表すのにウールの紫色の糸を使用しています。
絵画で影を表すのに黒色よりも紫色を使うということを聞いたことがあります。
(記憶違いだったらお許しください。イラストの通信教育の教材で知った記憶で書いてます。)
影の紫色、雪の雫の光る銀色、巣材や冬を表す苔色など好きな色をふんだんに使って
巣を編んでみました。
しまえなが、めじろ、すずめの巣の中では一番お気に入りの配色です。

2015-12-12 すずめ (5).JPG

無垢材の証しの耳は左側についていて、今回の無垢材の中では一番大きな作品です。

2015-12-12 すずめ (5).JPG

すずめの位置や向いている向きはお好みで入れ替えてみてくださいね。
巣に足がひっかかると巣が傷むので、いずれの作品も足はついておりません。
雪の降る様子が静かな時を刻むたたずまいに仕上がりました。
限定1点、12000円となります。

GOD JUL!! JUL FEST 2015~KOMPISのクリスマス~■
2015年12月8日(火曜日)から12月20日(日曜日)まで
*12月8日のみ12:00オープン
*12月9日から12月20日までは11:00~18:00オープン
*休廊日は12月14日(月曜日)
*最終日12月20日は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
森のことりweb shopページはこちらをクリックしてください。
 Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらをクリックしてください
Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分

羊毛フェルトの小鳥 めじろ【桜の無垢材】 [羊毛フェルトの小鳥]

2015-12-12めじろ (1).JPG

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
Gallery KOMPISでの【GOD JUL!! JUL FEST 2015~KOMPISのクリスマス~】。
9番目にご紹介させていただくのは桜の無垢材にメジロの成鳥が巣で
雪をやむのを待つ作品です。

2015-12-12めじろ (5).JPG

ウールの糸をメインによく見ないと見えないシルバーのラメの入った糸も混ぜて
巣を編んでみました。

2015-12-12めじろ (2).JPG

向かって右側に木の耳が見えます。
ウォールナットの無垢材を使ったしまえながの記事でも「耳付き」という言葉を使いました。
この「耳付き」というのは木の一番外側の樹皮を残してカットした樹皮の部分のことです。
何年も掛けて1枚の板ぐらいの幅に成長した木ということがひとめで
誰が見てもわかるために耳つきにして自然のカタチを残していると言われています。

2015-12-12めじろ (3).JPG

この作品ひとつでインテリアに自然の趣き(おもむき)を運ぶことができると思います。
雪は太さの違う本物の木の枝にアクリル絵の具でスタンプして描いてみました。
限定1点、10000円となります。

GOD JUL!! JUL FEST 2015~KOMPISのクリスマス~■
2015年12月8日(火曜日)から12月20日(日曜日)まで
*12月8日のみ12:00オープン
*12月9日から12月20日までは11:00~18:00オープン
*休廊日は12月14日(月曜日)
*最終日12月20日は17:00まで
*期間中のみ通信販売もございます。
森のことりweb shopページはこちらをクリックしてください。
 Tel&FAX 03-3725-3467
Gallery KOMPISへのアクセスはこちらをクリックしてください
Gallery KOMPIS 東横線都立大学駅より自由が丘方面に線路に沿って徒歩3分

2015-12-12めじろ (1).JPG2015-12-12めじろ (1).JPG2015-12-12めじろ (5).JPG
前の10件 | - 羊毛フェルトの小鳥 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。