So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ホームページが現在閲覧できない状態です(2017/5/31 20:19) [お知らせ]

17-04-07-10-26-35-435_deco.jpg

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
ホームページを手直ししていた時に触らなくて良い箇所をクリックして
ログインができなくなり、自分で調べて解決できる範疇を超えてしまいました。
閲覧とお問い合わせのリンクが現在使用できない状態です。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが復旧次第、
再度お知らせさせていただきますのでなにとぞよろしくお願いいたします。

8センチの小雀 [製作の風景]

17-04-11-16-26-44-839_deco.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
こちらのブログでは大変ご無沙汰しております。
インターネットがつながって見る情報はスマホから見ることが多いと昨今ですが
無料ブログでは広告がずっと動きっぱなしで見にくいと感じられたことはないでしょうか。

アメブロ中心に羊毛フェルトの記事は更新しておりますが
ライターのかたにブログを幸運なことにコンサルしていただく機会があり
アメブロのほうは有料で広告を外して読みやすくしました。

こちらでご注文いただいた作品が完成するまでは書かせていただこうと
GW連休の最終日に綴っています。

2017-5-7-Sonet.jpg

写真の小さな雀は8センチぐらいになるようにお作りしている作品です。
羽の一枚一枚は日本で一番小さな鳥と言われているキクイタダキを参考に作ってみました。
順番に羽を組み立てていくと親にエサをねだって翼をバタバタしている感じになってしまいました。
参考のために送っていただいた小雀の画像は細くて羽も閉じている感じだったので
もう一度、翼の部分だけ作り直します。

連休明けは体調を崩されることがありませんように
お元気でどうかお過ごしくださいね。

布博in京都2017へ [日記]

17-02-03-14-54-07-334_deco.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
2月4日の土曜日に手紙舎の主催する布博in京都へ行ってきました。
お目当ては北海道の自然をモチーフにした生地が手芸資材にするには
可愛すぎていまだにハサミを入れられない「点と線模様製作所」の生地。
公式HPでは販売されていないテキスタイル専門店だけで扱っておられる生地が
布博では買えるようでした。

2017-2-6.jpg
▲2014年ごろから布博に行ってはコレクションになってしまった点と線模様製作所の生地。

欲しかった種類はネットショップにはありますが、京都にはありませんでした。
いつも「点と線模様製作所」のブースの前はおしくらまんじゅう状態で
あきらめないで一番前列におられる客さんが会計やら品定めを終えるのを気長に待って
押されても足を踏まれても、あきらめないで並んでないと買えないぐらい人気があります。
デザイナーの岡さん御本人とご家族とお手伝いのかた4人で対応されてましたが
会場から2時間経ってもギュウギュウにお客さんが押し寄せているのは毎回で
その他の場所も人を見に来ているのか作品を見に来ているのかわからないような
大混雑の盛況ぶりでした。

17-02-04-4.JPG

会場のみやこめっせ京都市勧業館の近くには京都国立近代美術館・
京都市美術館や京都市動物園・平安神宮がある場所で、
2月上旬とは思えないような汗ばむ暖かい日でした。

17-02-04-3.JPG
▲平安神宮

17-02-03-15.JPG
▲ロームシアター(正式名は京都会館)

子供のころ妹といっしょに母によく連れていってもらった場所は改修工事が行われて
玄関には蔦谷書店とスターバックスができてモダンになっていました。
布博と同時開催されていたブローチ博を見るためには
整理券をもらうために会場からあふれている大行列に並び、何分かごとに時間制限で
入れ替えが行われ、時間がどれぐらいかかるのか全くわからないので
見ないで帰ってまいりました。
ずっと実物を拝見したかったアクセサリーを扱っておられるVeritecoさんのブースが
ブローチの会場ではなくて布博の会場で見られたのは本当に幸いでした。

2017-2-6-201405撮影.jpg
▲2014年に布博で買いそこなったので作家さん(Felticoさん)に
オーダーして作っていただいて、いまだに未使用の繊細なブローチ。

東京・調布市には手紙舎が経営するお店が3店あるそうです。
特に手紙舎2nd STORYの雑貨とカフェのお店では小さな個展もよく行われているそうです。
たくさんのデザイナーさんたちの栄養を吸収できたので今年はネットショップを
充実させていこうと決意のやり直しのできた時間でした。

【森のことりiichiショップページ】https://www.iichi.com/shop/morinokotori?


新年のごあいさつ [日記]

16-12-27-16-56-50-936_deco.jpg

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年は「目標」という言葉の代わりに「100いいね」という言葉に置き換えて
大きいことも小さいことも書き出して目に付くところに貼って達成していこうと思っています。
ブログからホームページにお越しいただくのは好きではないのですが
こちらに今年の一番目にイイネと思うことを書いてみました。
お時間が許すときに
寄り道をしていただけたら嬉しく思います。
森のことりのホームページはこちらからお越しください。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことり(小森 美和)

【森のことりiichiショップページ】https://www.iichi.com/shop/morinokotori?

良いお年をお迎えください [日記]

16-12-27-16-58-08-561_deco.jpg

大晦日のこんな時間に訪れてくださってありがとうございます。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
2016年は小鳥を作り続けるために新しいことをたくさん始めた年となりました。
ヒナを二羽作るのが定着してきた感がありますが
年末には今までちゃんと作ったことがなかった翼をもった親鳥を制作しました。

16-12-27-17-00-54-839_deco.jpg

メジロを保護した時に羽が生え変わる時期があり、その羽をずっと捨てられず
持っていた私にとっては、羊毛フェルトで翼を作る選択はありませんでした。
羊毛フェルトは毛羽立ってしまうからです。
本物の羽は見れば見るほど、よくこんな薄い羽が重なって空を飛べるなぁ・・・と
不思議な気持ちになるほど薄く、光が透けるほど繊細な作りをしているのです。
そこでやっとたどり着いたのが写真の翼です。

16-12-27-17-05-17-184_deco.jpg

お客様の要望がありましたら羊毛フェルトでも翼をおつくりいたします。
そのうえで、体が羊毛、翼は羽に似た別素材を当ブランドのスタンダードに
育てていくつもりです。
全部を羊毛フェルトで本物のように作られる作家さんを否定してるのではありません。
むしろ細い線で羽の一枚一枚を専用針のフェルトで描くことは本当に難しい作業なのです。
それはそれは大変な時間と労力がかかって完成されているので尊敬に値します。
みなと同じでなくて、一人ぐらい変わったものを作ってても良いのではないか、
という考えなので誤解のないようにお願いいたしますね。

巣に入った小さなヒナたちは今の作り方で当分変えないつもりですが
一羽が作品になっている小鳥はこのような翼で育てていこうと考えています。

小鳥たちを新しいおうちに迎えてくださったかた。
ナイス!をくださったりコメントをくださったり、
応援してくださったお一人お一人にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。来年はよりいっそう精進してまいります。
どうか穏やかに新しい年をお迎えくださいね。

小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりより

【森のことりiichiショップページはこちらです】







iichi(イイチ)クリスマスキャンペーン2016開催中です [羊毛フェルトの小鳥]

20161205iici-christmas.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。

現在、オーダーでお受けしている小鳥たちを作っていて
【iichi(イイチ)】に出品している分は小鳥そのものよりも
小物が多くて心苦しいのですが
ただいまクリスマスキャンペーンを実施しております。

クリスマスの2016年12月25日(日曜日)まで
一回だけ利用できる10%割引クーポンをご利用いただけます。
買い物券コード :XMAS2016
上記のクーポン番号を作品購入時の決済画面で、入力してご利用ください。
※期間中にご注文いただいたお取引が対象です。
※上記の期間中に1回のみご利用いただけます。
※複数のショップの作品を同時にはご注文いただけません。

iichiのキャンペーンとお買物券コード掲載ページ
詳しいお買い物券コードの使い方はこちらをクリックしてご覧になれます。

【森のことりiichiショップページ】はこちらからおこしください。

12月25日いっぱいまで作品を更新してまいりますので、
この機会にお得にお迎えいただけると嬉しいです。
小鳥の好きなかたへのプレゼントにぜひ、ご利用していただければと思います。


マツドアケミ セレクトショップ「星とリボンの贈り物」へ [日記]

2016-12-20 (1).JPG

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
去る12月9日に晩御飯をつくらなくてよい日だったので
阪急百貨店うめだ本店 10階うめだスーク中央街区パークへ大の苦手な満員電車に乗って
久しぶりに大阪へ行ってきました。

2016-12-20 (2).JPG

催しが開催されていた10階へたどり着くまでに
北欧のクリスマスマーケットが開催されていました。
北欧のデザインの大好きな私はふだんはそんなに欲しいものがないのですが
今しか買えないものを見つけて仕事用のものとクリスマス用の家のものを買えて
それだけで嬉しいおでかけになりました。

2016-12-11.JPG

26の小物雑貨ブランドが集まり、星とリボンをテーマに贈り物を中心に
バッグチャーム、クリスマスリース、アクセサリー、バッグ、お洋服、編みぐるみや
羊毛フェルトなど、それぞれのかたの生活と時間との戦いの中から
作り出された作品はどれもキラキラ輝いて見えました。

ホームページ制作の時に同じ先生から一緒に勉強した作家さんや、
雑貨の販売についてオンラインでいっしょに学んでいる作家さん。
作品を目にしていてもweb上で話したことがなかった憧れのかたにも
たくさんお話しできて「また頑張って作ろう」という気持ちになりました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



羊毛フェルトのみかんと洋梨 [Instagram]

2016-12-9instagram.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
iichiのお客様からいただいたメジロとスズメのオーダーの中で久しぶりにおみかん
注文をいただきました。

たくさんの羊毛を混ぜて単調にならないように作っていくのですが
混ぜるときに犬の毛をとかすようなブラシに似た「カーダー」というもので混ぜていきます。

今まで大型スーパー手芸コーナーで売られていた小さなものを利用していましたが
羊毛の専門店「金の羊」さんに大きなカーダーを買いにお出かけしてきます。

2016-12-10-2.JPG

めじろがのっている洋ナシが本物です。
何色も混ぜると似た色に近づけるのが色づくりの楽しみもあります。

羊毛フェルト小鳥 羽と翼の新しい試み [Instagram]

2016-12-4.jpg

こんにちは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
長い間、失敗してはやり直してなかなか形にならなかった翼と尾が半分だけ
やっと形になってきました。

エナガやメジロのような小さな鳥たちは一枚一枚の羽は
光が透けて見えるようなぐらい薄いので、薄い生地を使って絵の具で書き
あとは芯になるワイヤーを貼って組み立てます。
最初の作品は翼を完全に閉じている状態で作りますが
上手くいけば飛んでいるところも作れると確信しています。

風邪が流行っていますが
12月に入ると車も人も何かあわただしく急いでいることが多いので
どうか無事故でお過ごしくださいね。




【森のことりiichiショップページ】https://www.iichi.com/shop/morinokotori?

このブログのこれからのこと [お知らせ]

009 - コピー.JPG

こんばんは。
小鳥の羊毛フェルト作家・森のことりです。
週末の夜はいかかがお過ごしでしょうか。
日曜日がお仕事のかたも、
曜日も関係なく淡々と過ごされておられるかたも多いと思います。
今日は羊毛フェルトの記事に特化しているアメブロのことを少し書かせてくださいね。

今日の記事はアメブロから書いて、こちらにコピペをした記事ではございません。
ブログ村のランキングに参加していて全く同じ内容のブログにランキング参加のバナーを二つは
貼りつけられないことから「羊毛フェルト」のランキングのバナーはアメブロだけに貼っていること。
インスタグラムが投稿をアメブロと共有できるので何かと更新が
アメブロばかりに偏っていることを心苦しく思っております。

こちらのブログからオーダーをいただいた作品(こすずめのお人形とストラップ)が完成しだい、
こちらのブログの更新を停止するつもりで考えております。
管理者しか見えない訪れたかたの人数が表示されるページに
更新するたびに何名かのかたがこちらにいつも訪れてくださっているのを存じ上げております。

029 - コピー.JPG

古くから訪問してくださっているかたが多いブログですので
ブログはずっと残しておくつもりです。
WordPress(ホームページ)・Facebookページ・インスタグラム・twitter全部を更新しないで
いいのではないかと思われる方もおられると思います。
ですが、インターネットを通じて主に販売している以上、小鳥を探しておられるかたに
小鳥を見つけていただくためには、こちらから「ここに小鳥がいますよ」と発信していくしか
小さな個人事業主である以上、知っていただくすべがございません。

そんな理由で発信する媒体が増えた分、羊毛フェルトに関して書いているブログが
現在ホームページも含め3つあるので、ほぼコピペしているこちらのブログを
時期が来たら停止させていただくつもりです。

本日も最後まで読んでくださり大変ありがとうございました。
本来ならアメブロをコピペする当ブログですが
アメブロにしか貼りつけられないバナーなどの話はどうしてもこちらに書くわけにはいきません。
アメブロには本日このような記事を書きました。
森のことりのアメブロはこちらをクリックしてご覧くださいませ。
前の10件 | -